VIVMag誌(女性誌)

img_09_s

『VIV Mag誌(女性誌)』
http://vivmag.com/

2009年12月21日号 「包む楽しみ : エコに優しいBOBOふろしき」

友人や親せきへのギフトに美しいラッピングをして渡すことはほとんどありません。多くの場合お店の紙袋かリサイクルできるギフトバッグに入れて贈ります。最近まで、クリスマスプレゼントが開けられた後に床中に散乱する恐ろしい量の紙ごみの山に替わる満足のいくエコグッズがありませんでした。事実、空気清浄化委員会によると毎年クリスマスの後には、紙袋やラッピング用紙などで、4百万トンものゴミが排出されると公表しています。BOBOふろしきは、そんな悩みを解決する紙ごみを出さずにギフトをオシャレに包む風呂敷です。デザイナーが製造過程の途中ででる残余物の布地から製造されるカラフルな風呂敷は公正労働慣行により、ニューヨークとペンシルバニアで作られています。しかも。この風呂敷は保管もしやすく皺になったり破れたりしやすいギフトバッグと違って再利用できます。

BOBOふろしきは、韓国系のパトリシア・リーが生まれ故郷のソウルを旅し、韓国のボジャギの伝統に感銘を受け、2008年に会社を設立しました。リーは「風呂敷ラッピング革命」という本を2009年に出版しました。著書の中には、ボジャギの伝統、風呂敷を使ったバッグの作り方や風呂敷の結び方が紹介されています。「風呂敷はアクセサリーとして、お弁当や身の回りの物を包んで運んだり、スカーフとして身につけたりと様々に日常使いできます。」とリー女史は説明します。

BOBOふろしきには様々なバリエーションが揃っています。プレゼントをオシャレに演出するアクセサリーもあります。価格帯は1575円~4410円まで。

このエコに優しい風呂敷は何度も繰り返し使えて、ゴミになりません。ギフトラッピングから出るゴミを減らすおススメラッピングです。

img_09_l