The Korea Times

yhst-10495659808895_2118_8807352.jpeg

http://www.koreatimes.co.kr/www/index.asp

ボジャギの伝統文化がアメリカで”BOBO”として再生!

レポーター: キャシー・ローズ・A・ガルシア

BOBOふろしきを一目見れば、おばあちゃんの使っている”ボジャギ”(韓国の風呂敷)でないことは、一目瞭然。アニマル柄や華やかな花柄、水玉模様などが目を引き付ける。

韓国系アメリカ人のパトリシア・リーは、韓国の伝統的な風呂敷、ボジャギを新鮮で独創的なアメリカ人好みのラッピング用品に変身させた。

リーはボジャギをアメリカでギフト用紙の包装紙に代わるエコに優しいラッピング用品として紹介した。

コリア・タイムスとの電話インタビューで、リーは毎年クリスマスの時期にギフトラッピングや紙袋から発生するゴミの量がとても嫌だったと語った。アメリカの空気清浄化評議会によると、クリスマスの時期に紙の包装紙や紙袋などのゴミは4百万トンにもなるという。

「アメリカの他の家庭でも皆、毎年同じように紙でラッピングをして、クリスマスが終わると大量のゴミを出していると思うとさらに気分が重くなったわ。それで、自分のプレゼントには2度と紙の包装紙は使わないと決めて、家族や友人に
ボジャギでプレゼントを包んで贈ることにしたの。」とリーは説明した。

コネチカット州在住で、夫と子供二人との4人家族のリーは、手作りのボジャギの縫い方を習って、オリジナルのボジャギを作った。ギフトをボジャギに包んで贈ると、たちまち大人気になった。

趣 味で始めたボジャギ作りが次第にビジネスに発展していった。「皆環境のことを考えて、エコに優しい生活を送りたいと思っている。ボジャギのラッピングはそ んな人たちの心に留まったのだと思うわ。皆、布のラッピングを始めた私のことを天才だと褒めてくれるけど、私がボジャギを発明したわけではないわ。」と リーは笑う。

「ボジャギは、韓国に昔から伝わる伝統ですもの。。。大学生の時、韓国の叔母のところに遊びに行ったら、叔母もボジャギを 使っていたわ。私は叔母のことを天才だと思ったけど、叔母は韓国の人はボジャギはすごく古臭くて、ボジャギを使うのは老人ばかりだから、私が叔母のことを馬鹿にしていると思ったみたい。

しかし、リーはボジャギの将来性を見抜いていた。特にアメリカでは、環境問題が重視され、二酸化炭素排出量の削減への関心が高まっていた。アメリカの消費者がより親しみやすいように、リーは自身の開発したボジャギを「BOBOふろしき」と名付けた。

「エコリュクスで繰り返し使える布のラッピング」をキャッチコピーにした「BOBOふろしき」のデザインは多彩だ。アジアっぽい生地、トレンディーなアニマル柄、奇抜な縞模様や花柄などが揃う。

リーはニューヨークのセコハン市場で購入した布地を使用している。セコハン市場では、デザイナーブランドの余り物の布地が売られている。BOBOふろしきは2枚仕立てで色と柄のコンビネーションを楽しめるように作られている。

ロードアイランド・デザインスクールの卒業生である、リーは昨年9月に「ラッピングスカーフ革命」という本を執筆した。その本の中では、ボジャギの歴史や様々な風呂敷の包み方を紹介している。自分のオリジナル風呂敷を作りたい読者に読まれている。

リーの創設した会社は、まだ2年くらいの社歴ながら、着実に売り上げを伸ばしている。クリスマスの時期になると、様々なテレビ番組にリーが出演して美しさと機 能性を兼ね備えた韓国の伝統的な布のラッピングの良さについて語っている。リーのボジャギを使ったラッピングはアメリカの朝の人気テレビ番組、「グッド モーニング アメリカ」でも紹介された。

りーは、「アメリカ人に風呂敷を結ぶのは簡単だと納得してもらうのが大変だわ。」と語る。

「BOBOふろしき」はアメリカ全土の60店舗と海外ではカナダと日本で販売されている。

皮 肉なことに、韓国では昔ほどボジャギを使わなくなっている。「ボジャギの伝統文化を大切にするには、ボジャギを現代の生活にもなじむようなデザインにして いく必要があると思うわ。韓国が急成長を遂げて先進国の仲間入りをした要因は何だったかと考えるときに、ボジャギのような素晴らしい文化にもっと誇りを持 つべきだと思うの。ボジャギこそ物を大切にして、便利につかえて無駄を出さない韓国の生活の知恵の所産だと思うわ。」とリーは説明する。

リーは5歳の時にアメリカに移住した。リーは、韓国の素晴らしい伝統文化をアメリカの人たちに伝えたいと思っている。

「子供の時に、学校で韓国人は私ひとりだけだったの。誰も韓国がどこにあるのか知らなかった。みんな私のことを中国人とか日本人だと思っていたわ。韓国の文化には、韓国にしかない素晴らしいことがたくさんあるのにあまり知られていないのは残念。もっと韓国の素晴らしい文化を世界中の人に知ってもらいたいと思うわ。」とリーは締めくくった。